現在の閲覧者数: 小説「Bad Dog!~駄犬~」 て ん こ も り ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Bad Dog!~駄犬~Bad:01「Bat Encounter」

様々なモンスターが生息し

剣と魔法を使いそれらを倒す「冒険者」。

そんな彼ら「冒険者」が多く集まる

ミットガルド大陸最大の都市


ルーンミットガッツ王国


首都「プロンテラ」


国王トリスタン三世が統治し、


プロンテラ大聖堂もココにある事から


私達「アコライト」からは

「聖都プロンテラ」とも呼ばれている

大通りには、商人の「マーチャント」や、

その上位職の「ブラックスミス」・「アルケミスト」たちが

露店を所狭しと軒を連ね

その露店を肩がぶつかりながら買い物をする多くの人々

そのプロンテラの南門をくぐり、

街の外にでも、多くの人々が集まっている

そこは、通称「臨公広場」と呼ばれ

一緒にモンスターを退治する「狩り」

に行く仲間を募集するのによく使われていて、

私もココで、レベルの近い人たちと

臨時のパーティーを作成して

1人では手ごわい敵を倒しに行ったり、

みんなでワイワイ狩りをしに行ったりして
友達も増えたりもしました


そんな、臨公広場にいつものように足を運ぶと


「Lv60 アサシン  支援募集」
の看板を立ててる「彼」が目に入りました。

アサシンかぁ・・・・。

「Lv的にも一緒に狩りできるなぁ・・・・・・・」

「でも、アサシンさんと狩りしたこと無いしなぁ・・・・」








アサシン


「シーフ」の上位職で高い回避率と、毒を扱う攻撃が売りの攻撃職

アサシンは毒の知識が豊富で、毒のエキスパートと、言っても過言ではない。



しかし、そこに居た「彼」は、それ以上の

「アサシン」どうの、こうのって言うレベルじゃない毒をもっていたのです

強力な神経系の毒を・・・・・・・







to be next bat story!
スポンサーサイト

Bad Dog!~駄犬~ Bad:00「但し書き」

ども、シャオ♪です。


さて「Bad Dog~駄犬~」は、

ラグナロクオンラインでのエピソードを小説にしたものです。


ラグナロクオンラインをご存知無い方にも

分かりやすい文章で書く予定ではいますが、

筆者の文章作成能力の関係や、

話の流れや、テンポ維持の為

説明不足になる場合が予想されます。



ですので、ご存知無い方は

実際にプレイして頂くか、

公式サイト等をご覧になってから

「Bad Dog~駄犬~」を御覧になりますと

より、いっそう美味しく召し上がれます。



なお、本作品は遺伝子組み換えの材料や、

ソバ・玉子当のアレルギー物質は仕様しておりませんが、

体質等により

かゆみ・寒気・頭痛・居たたまれなさ

などの症状が出る場合があります

その際は、ご利用ょ中止し

窓を全開にし、身を乗り出し発煙筒を焚いて

自分に症状が出たことを大きく叫ぶ。等の適切な応急処置をしたのち

医者又は、似たような人にご相談ください。

では、用量・用法をよく守って正しくご利用ください。

To Be Next Bat!
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。